2019年07月07日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(5):IOCファミリーによるアンブッシュ・マーケティング規制の不毛

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(5):IOCファミリーによるアンブッシュ・マーケティング規制の不毛』を掲載しました。

 ここまでの4回の連載をまとめ、現在、IOCファミリーによって行われている
 悪名高い「アンブッシュ・マーケティング規制」が、
 いかに低次元で、我国の社会に何ら寄与しない不毛な活動かを考察してみました。

 違法ライセンスを公然と進めている立場で、
 他人の善意の行為に口を出すというのは、いったいどういう神経なのか、
 ということに尽きると思います。
posted by Dausuke SHIBA at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月30日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(4):商標法改正では違法ライセンス問題は解消しない

 私の知財テーマブログに、『オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(4):商標法改正では違法ライセンス問題は解消しない』を掲載しました。

 改正法の効果が過去に遡及するかしないかについては、
 実はあまり多くの論文は存在しないのですが、
 小樽商科大学の斎藤先生の論文が、非常によくまとまっていましたので、
 参考にさせていただきました。
posted by Dausuke SHIBA at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年06月29日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(3):IOCファミリーの登録商標の多くは無効ではないか


 私の知財テーマブログに、『オリンピック関連登録商標の異議申立と違法ライセンス疑惑の狭間で(3):IOCファミリーの登録商標の多くは無効ではないか』を掲載しました。

 異議申立と違法ライセンスは交叉する話だと考えて、
連載を始めたのはよいのですが、特許弁理士としての本業が忙しくなり、
 頭が特許弁理士のままDVDで『陸王』を見てしまったばかりに、
道草ブログを結構気合入れて書いていたりしたため、
http://patent-japan.sblo.jp/archives/20190616-1.html
 すっかり、こちらの連載が中断してしまいました。

 今回は「IOCファミリーの多くの登録商標は無効ではないか」、
 次回は「改正商標法は過去に遡及して適用されない」
 という違法ライセンス寄りの話をして、
 それ以降に、『五輪』登録異議申立の話に移っていこうと思っています。
posted by Dausuke SHIBA at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ