2018年06月24日

『ペーパームーン』O.ヘンリーテイストのロマンチック・コメディ

 2年前に記事にさせていただいた『朗読劇 こころ』(劇団天辰)で、
 一癖ある演技で劇団民藝の女優の卵として、
 遺憾なく存在感を見せつけてくれた廣岡悠那さんが、
 劇団天辰のメール連絡網を使って「是非、見に来てくれ〜」
 との本作の営業活動をされました。

 これは一肌脱がねばと、廣岡さんの劇団員割引枠で予約させていただき、
 昨日(6/23)、
 新宿高島屋南館にある紀伊国屋サザンシアターに観に行ってきました。

 舞台はイメージし難いのですが、
 O.ヘンリーテイストのロマンチック・コメディの雰囲気は伝わるかと思い、
 当日販売していた本舞台のパンフレットの表紙を引用してみました。

20180624『ペーパームーン』.jpg

《ストーリー》

 メール連絡網で廣岡さんが書いてくれた粗筋を引用します(適宜改行しました)。

 「「漂流郵便局」は瀬戸内海の小島にあり、受取人のいない手紙を預かっています。
  郵便局長は全国から集まってくるすべての便りに目を通し、
  伝えたくても伝えられない気持ちを受けとめているのです。

  夫を突然亡くし整理のつかない気持ちを「漂流郵便局」宛の手紙にしたためる妻、
  義姉の助っ人にかけつけた夫の弟。
  自宅カフェ開業に奮闘する二人を軽妙に演じるのは樫山文枝と西川明。
  1930年代アメリカのラブ・ソング「It’s Only A Paper Moon」が彩りを添えます。

  歌あり朗読ありダンスありと、涙と笑いがはじける舞台をお楽しみいただきます。
  郵便局長の粋なはからいで意外な結末が……。」

 ******

  廣岡さんは若くとてもキュートなので、舞台でセーラー服を着れば、
  中学生・高校生役が十分にできるので、
  樫山文枝さんの若い頃の女学生の役でもやるのかと思ったのですが、
  本人は演出志向が強く、そのため修行として何でもやっているところで、
  今回は大道具担当作業に取り組んでいるとのことでした。

《劇団民藝》

 劇団民藝といえば、滝沢修・宇野重吉の両御大が創設し、
 両御大をはじめ、現在の代表である奈良岡朋子さんに至るまで、
 数えきれない名優を輩出しているのは言うまでもないことです。

 私も、多くの映画で、例えば、特に、、
 『霧の旗』『戦争と人間』『華麗なる一族』等の社会派映画で、
 体制を支える憎々しい権力者役を超弩級の貫禄で演ずる滝沢修さんを
 楽しませていただきました。

 あの頃、滝沢修さんは、50代から60代にかけて油が乗り切ったところで
 (おいおいおい、今の私より若いくらいだったのか)、
 映画はあくまで余技ですよ、という感じの余裕綽綽ぶりでした。

 私は正直なところ、
 民藝の舞台をみることなど一生ないだろうと思っていたのですが、
 弁理士になって行政書士繋がりで天辰座長と知り合い、
 その天辰座長繋がりで民藝団員の廣岡さんと知りあい、縁は縁を呼んで、
 民藝の舞台を見ることになったのは運命的であり貴重な体験でした。

《樫山文枝さん》

 私が、家から走って5分のところにあった中学校に通っていた頃、
 1年間にわたり、NHK連続TV小説の屈指の名作『おはなはん』が、
 毎朝8時15分から8時半まで放映されていました。

 おはなはんを演じた樫山文枝さんが、清楚で健気で美しかったことと、
 おはなはんと夫の速水中尉(高橋幸治がとてつもなくカッコよかった)
 とのロマンチックなるも悲劇的な夫婦の物語とは、
 半世紀を経ても私の脳裏に焼き付いています。

 『家族はつらいよV(妻よ薔薇のように)』で、
 次男の庄太(妻夫木聡)が、高校生の頃に、
 嫁にきた10歳ほど年の離れた兄嫁(夏川結衣)が匂い立つように美しかった、
 と回想する場面がありますが、
 私にとっては、樫山文枝さんは、知的で清楚で健気で強く美しく、
 こういう女性はいい男に嫁ぐものなのか、と身近に思って見た最初の女性といえます。

 しかし、あの当時、中学の始業時間は8時半でしたから、
 私は、1年間、8時25分まで『おはなはん』を見て、
 そこから走って校門に駆け込んでいたのでしょうね。

《ペーパームーン》
 
 本作のメインストーリーは、
 カフェ「ペーパームーン」を自宅の隣に建てるという、
 夫婦の長年の夢を実現しようと、具体的に動き出そうとした矢先に、
 夫(西川明)が急死してしまい、
 悲嘆に暮れた可憐で美しい未亡人である桃子(樫山文枝)が、
 夫の弟で、ブラジルから突然帰国した風来坊の五郎(西川明(二役))
 に支えられて開業にこぎつけるまでの、山あり谷ありの、
 O.ヘンリーテイストのロマンチックコメディです。

 商業演劇の雄である民藝だけあって、
 まだ新しい紀伊国屋サザンシアターの劇場環境の中で、
 舞台のセットは意匠が美しく洗練されています。

 樫山文枝さんも、背筋がシャキッとしてスレンダーで、声の衰えもなく、
 もう一花も二花も咲けるであろう美しい未亡人を軽やかに演じており、
 さすがに看板女優だと実感しました。

 ******

 苦難に陥るヒロインを、得体の知れない風来坊が助けるという
 ロマンチックコメディは、
 日本であれば、『男はつらいよ』のマドンナと寅、
 欧米であれば、『マイ・インターン』の美貌の女性社長とロートルの中途採用社員
 などが典型的で、本作もメインストーリーはとてもよいと思うし楽しめました。

 そういえば、先日TV放映された『68歳の新入社員』は、
 『マイ・インターン』のリメークで、
 デ・ニーロの役を草刈正雄が、アン・ハサウェイの役を高畑充希が演じています。

 DVDになったら見ようと思っていますが、
 リメークして何等恥ずかしくない名作なのですから、
 フジテレビは堂々とリメークの旨説明すべきです。 

《脚本》

 本作は、本来よい題材をメインストーリーにしているのに、
 とても勿体ない舞台にしてしまっているように思います。

 最大の原因は脚本(佐藤五月)にあると思います。

●本作は、メインストーリーだけで十分に成立すると思うのですが、
 「漂流郵便局」という、
 舞台を観ているだけではよくわからない要素が入ってきます。

 劇中の説明では、
 「漂流郵便局」は四国の瀬戸内海に近いところにある「郵便局」?で、
 そこに、心に抱えるものを持つ人々が、
 自分の気持ちを宛先のない手紙にして投函できるところのようです。

 舞台では、
 舞台奥手の高いスペースに「漂流郵便局」のセットが組まれ、
 舞台手前の低いスペースに桃子の自宅応接室のセットが組まれています。

 「漂流郵便局」のエピソードでは、奥手にライトが当たり、手前は見えなくなり、
 桃子のエピソードでは、手前にライトが当たり、奥手が見えなくなる、
 という凝ったセット構成になっています。

 しかし、本作は、桃子を中心としたメインストーリーと、
 メインストーリーの間に挿入される、
 「漂流郵便局」に立ち寄る人々によるサブストーリーの関係がよくわからないため、
 「漂流郵便局」に立ち寄る人々の中に、
 メインストーリー側の登場人物を入り込ませて融合させようという意図が
 空回りしています。

●単純な疑問ですが、桃子の自宅がどこなのかがわかりません。

 桃子の自宅が、東京でないことはわかるのですが、
 瀬戸内海の「漂流郵便局」の近くなのか、
 遠く離れていてメインストーリー側の登場人物が意を決しなければ
 行けないくらいに離れた関東地方なのかが、全く説明されないので、
 ライトの切り替えで場面転換しただけでは、、
 彼らが「漂流郵便局」を訪れるリアリティが全く感じられないのです。

●本作で、「漂流郵便局」のサブストーリーは、なくてよかったと思います。

 映画もそうですが、舞台も、
 登場人物が衝突して感情的な化学反応を生じ、
 これらの化学反応によって最後に生じる、「ある抽象的な情念」が、
 具体的な人物やセットを通して観客の心に伝われば十分な筈です。

 メインストーリーは、ラストの完成したカフェ「ペーパームーン」の
 ちょっと驚くセット構成と、桃子と五郎の配置で、
 「ある抽象的な情念」を十分に伝えることができていたと思います。

 しかし、本作は、その「ある抽象的な情念」を
 抽象性が高いサブストーリーで改めて説明してしまっており、
 また、「漂流郵便局」の描写の抽象性が高いといっても、
 私が上記に説明したような、文章で説明できてしまう陳腐な内容ですから、
 舞台脚本としては、観客をなめてないか、という感じがします。 

 わずか1時間半前後の舞台ですから、
 話の構成を複雑にせず、メインストーリーに絞って、
 桃子や他の関係者の絡みに深みをもたせて、
 コメディとしての感情の起伏を大きくして、
 もう少しアップテンポに軽やかに話を展開させた方がよかったと思います。

《セット構成と演出》


 舞台では、メインストーリーは桃子の自宅の応接間で展開され、
 自宅の隣の工事中のカフェは、舞台の左隅にある出入口と見立てスペースだけです。

 ここは好みの問題かもしれませんが、私であれば、舞台は、
 桃子が五郎と娘に助けられて建設しているカフェの工事現場をメインにして、
 桃子の自宅の応接室は、本舞台とは逆に、
 舞台の右隅のほうに見立てスペース的に設置しておいたと思います。

 カフェの工事現場は、舞台のストーリーが進むにつれて、
 次第に完成され、最後に、桃子と夫が夢見た実際のカフェのセットになる。

 その着々と変化する工事現場のセットの中で、
 桃子と周囲の関係者の絡みが動的に進展するような仕掛けもありかなと思います。

 例えば、舞台では、
 娘とフィアンセはもうそのような関係であるところからスタートしますが、
 工事の進捗の中で、娘と彼の関係が進展して結婚を決意するような設定でも
 面白いのではないかと思うのです。

《キャスト》


 キャストについては、民藝の将来を考えたら、
 真剣に考えなければならない深刻な問題があるように思います。

 樫山文枝さんは、前述したように、素晴らしい女優ですが、民藝には、
 本舞台のヒロインを樫山文枝さんにやってもらわなければならないほど、
 適齢期の俳優がいないのでしょうか。

 本作では、桃子に実年齢が近い役者をヒロインとし、
 夫と五郎は、ヒロインに十分に対抗できる男優を据えるべきと思います。

 本作では、
 ヒロインの樫山文枝さんが大女優すぎて、男優が全く対抗できていません。

 私は、舞台系の役者を存じ上げていないので、勝手なイメージキャラクターですが、
 桃子役は、例えば、真矢ミキさん、
 夫と五郎役は、もう少し若い方がよいのですが、風間杜夫がまだ若作りできるか
 (内野聖陽、高橋克典、・・・ちょっとカッコよすぎるか)というところで、
 樫山文枝さんは、メインストーリーで重要な役どころである、
 夫と五郎のチャーミングな母親役に据えて、全体を引き締めればよいと思います。

 本作は、歌って踊るミュージカルの要素もあるので、
 真矢ミキさんはピッタリで、風間杜夫も無理すれば何とかなります
 (という風間杜夫のような、おっさん風かつ二枚目ができる舞台俳優いないですか)。

 このような適齢期の俳優を常に育てるか、
 ゲストに招くか(ギャラの問題はありますが)する必要があると思います。

《民藝の若手と若手育成に期待する》


 廣岡さんのような若手の演出志向組には、
 とにかく寝る暇惜しんで脚本を書くよう指導して、
 脚本も演出もできる人材を育てるべきと思います。

 TVのシナリオは、
 1990年代までは、映画の感覚が支配的でしたが、
 2000年頃から、蒔田光治を中心にして、
 計算された緻密な構成にウェートが置かれてきていると思います。

 アメリカTVでは、同様な流れが先行していて、
 『スパイ大作戦』の頃に比べて、
 明らかにシナリオスタイルが変化していると思われます。

 最近DVDで見たアメリカTVドラマ『ドクター・ハウス』などは、
 8シーズン(8年間)にわたる連続ドラマですが、
 45分完結又は各45分前後編がベースで、
 舞台は一総合病院のドクター・ハウスの診療室の周辺のみ、
 毎回同一パターンで話が進むのですが、
 毎回凝りに凝ったシナリオで、全くマンネリに陥りませんでした。

 ですから、民藝の演出志向の若手は、最低限の素養として、
 黒澤明、小津安二郎、市川崑、山本薩夫等の
 シナリオがしっかりしている映画は全て見て、
 2000年代以降の日米のTVドラマを見て、
 舞台に取り込めるものは貪欲にドンドン取り込むべきと思います
 (全く、無責任に偉そうで申し訳ありません)。

 樫山文枝さんが第一線で今後も末永く活躍されることと、
 民藝の今後の取り組みと民藝若手の今後の活躍を心から念じております。
posted by Dausuke SHIBA at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ