2018年08月15日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(7)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事1本
 (『五輪』が危ない(7))を掲載しました。

 商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降の
 商標法第4条1項6号の拡大解釈によって、
 『五輪』が商標法第4条1項6号の対象標章になっており、その結果、 
 商標法第4条2項が自動的に拡大解釈されてしまうことになります。

 そのことがIOCの出願商標『五輪』の審査にどう影響しうるか
 を考察しています。

 リンク先を以下にリストにしました。
 
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ