2019年03月28日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(6)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(6)』を掲載しました。


 弁理士会誌「パテント」3月号に掲載された私の論文
 を読んでくれた東京新聞特報部の中山岳記者が、
 3月18日に、私の事務所まで取材にきてくれました。

 そして、3月28日に、東京新聞朝刊「こちら特報部」に、
 取材に基づいた「IOCライセンス活動は「違法」
 との見出しの記事が掲載されました。

 記事は論文をベースに、
 最新の情報である閣議決定と国会審議の情報を織り交ぜ、
 論文ではほとんど触れていない、
 IOCファミリーのアンブッシュマーケティング対策の理不尽を指摘した
 『オリンピックvs便乗商法』の著者である友利昴氏のコメントも加えて、
 法的構造とライセンスビジネスの実態を過不足なくまとめており、
 違法ライセンス問題を考える上で有用な内容であると思います。
posted by Dausuke SHIBA at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年03月24日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(4)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(4)』を掲載しました。

 2019年3月20日、参院法務委員会で、小川敏夫議員(立憲民主党)が、
 「JOCによる商標法31条の禁止規定に違反した通常使用権許諾について」
 と題して、内閣官房及び経産省に対して質疑を行いました↓
https://www.youtube.com/watch?v=c-piTW48Uio(51:15〜1:15:30)
https://twitter.com/OgawaToshioMP?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 その時の政府答弁のうち、
 小川議員の質問に直接答えていない「ご飯論法」ですが、
 「本件ライセンス契約は、民間団体と民間企業の私契約の問題であり、  
  政府として特段深く関与すべき問題ではないという認識である。」
 について検討しました。

 上記回答は、
 政府がIOCが進めるライセンスビジネスをサポートする
 重要なプレイヤーであることと整合しません。

 政府にとって何の利益にもならない「ご飯論法」を
 何故する必要があるのか不思議です。
posted by Dausuke SHIBA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ