2016年04月03日

春と桜とMIMICと

 今年に入ってから、東京オリンピック関係の論文と講演の準備で、本業で外出する以外は新宿の事務所に籠っていましたが、世間はいつの間にか春になっていたという気分です。

 事務所の前の花桃も、普段はただ一本の木が突っ立っているだけの存在感のなさですが、今年も健気に咲きました。
GEDV0020.jpg

GEDV0022.jpg

 近所の花屋さんの桜草も満開です。
GEDV0024.jpg

 近所のお寺の桜も例年通り絢爛豪華に花開いています。
GEDV0028.jpg

GEDV0027.jpg

 前回の大田区の講演の後にコロッケさんにお会いする機会があったのですが、
 今回の大田区の講演の後も、六本木で仕事した帰りに、コロッケさんのプロデュースするものまねショーを見る機会をいただきました。

 場所は、地下鉄麻布十番駅の前にある前衛的なデザインのビル「ジュールA]の地下1階にあるものまねショーパブ「CROKET MIMIC TOKYO」。

 見栄えがコンパクトでかわいらしいハンバーグステーキ(結構ボリュームあります)と大瓶並容量のグラスビール(Carlsberg)でお腹を満たしながら、1時間のこちらも満腹感のあるものまねショーを楽しみました。

 ものまね芸人さん、シルクドソレイユ風パフォーマー、ライトセーバーパフォーマー、専属ダンサーによる迫力のある出し物が続きます。

 舞台は決して広くないのですが、立体的に組み込まれており、半透明スクリーンと煙幕を活用して描き出される色彩豊かな映像とシャープな音響の中で、芸人さん達が体全体を駆使してパフォーマンスを演じていました。

 いまどきの芸人さんの身体能力の高さは驚くばかりで、ここはコロッケさんとしての押えどころのように感じました。

 続く3枚の画像は、最後のフィナーレの場面ですが、それまでに各芸人さんそれぞれが単独で演じます。
GEDV0009.JPG

 舞台は立体的に組み込まれています。
GEDV0012.JPG

 まるで本人かと思ってしまうようにそっくりなのですが、どこまでいってもモノマネはモノマネで、ズーッと変な感じが続き、その変な感じが味わい深くもあり、物哀しくもありです。
GEDV0008-1.jpg

 私はここ何年もTVを観ておらず、それぞれの芸人さんは存じ上げていなかったのですが、かえって新鮮でよかったかもしれません。

 特に、イントロから歌いだす直前までの雰囲気を、ほぼ完全に再現している後川清さんが面白かったです。
 後川さんは、このまま一生、この一張羅芸で押し通すのでしょうね。応援します。

 後川清さんは結構二枚目で、こうしてみると、それほどソックリというわけではないのですが・・・。
GEDV0019.JPG

 また、今回の出し物の中で唯一の本物であるライトセーバーパフォーマンスは、ライトセーバーの回転が描き出す万華鏡のような色彩デザインが秀逸でした(これも本来は火炎を使用するとのことなので、ご自身達によるモノマネの範疇かもしれません)。

 コロッケさんの狙いは成功していると思います。
 欲をいえば、かつてのシャボン玉ホリデーのようなコントの間があれば、各パフォーマンスのメリハリがさらに鮮明になるかと思いました。

 今後のコロッケさんのプロデュースの進化を期待します。

 彼女は、ブサイク風に紹介されるせいで、舞台ではそのように見えてしまうのですが、近くでみるとお美しいので驚きました。
GEDV0014.JPG

 「CROKET MIMIC TOKYO」に訪れる機会をいただきました株式会社ミミック エンターテイメントの南原様には深く感謝申し上げます。


 
posted by Dausuke SHIBA at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174746311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック