2017年05月28日

『パテント』(弁理士会誌)2017年5月号論文掲載のお知らせ

 『パテント』(弁理士会誌)2017年5月号に掲載された私の論文
 『知財コンサルティングの観点からみた弁理士に求められる能力
 を、本体ブログの論文Boxにアップしました↑
 
 こちらのミニブログは映画・DVD等のお気楽エッセイですが、
 普段は真面目な弁理士として仕事をしており、
 難しいことも考えています。

 ここ2年間、
 弁理士会関東支部の中小企業ベンチャー支援委員会に所属して、
 40代前後の弁理士の先生方の中小企業ベンチャー向けの
 レクチャー・ワークショップ等のリハーサルチェックをさせてもらいましたが、
 考えさせられることが多くありました。

 特に、中小企業ベンチャーのための知財コンサルティングをするには、
 40代前後の弁理士先生方のディベート能力は、
 もう少し鍛える必要があると思います。

 昨年(2016年)の11月にそのようなことを考えながら投稿したものです。

 本論文は、誌上討論会特集の問題提議編として、他の6つの論文と共に、
 『パテント』2017年5月号に掲載されました。

 他の6論文もなかなか力作で、私は、
 花田弁理士の
 『プロダクト・バイ・プロセスクレーム非該当性を巡る攻撃防御方法』
 栗原祐介さんの
 『オープンアクセス時代における学術論文の著作権管理に関する一考察』
 を興味深く読ませていただきました。

 私の論文の最後の頁に予告されていますが、弁理士会では、
 私の論考を含む7つの論文に対して質問、意見、反対論文を募集しています。

 特に若い弁理士の先生方は、
 ディベート能力を鍛えるよい機会と思って応募してみて下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179882944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック