2017年06月18日

TVドラマベスト10(第5位)

 2011年7月24日にアナログ放送が途絶えたときに、デジタル放送に切り替えず、
 TVを自宅では全く見なくなりました。

 しかし、それまでに出会った数々の素晴らしいTV番組は、
 私の人格形成に少なからぬ影響を与えており、ここに感謝の意味を込めて、
 2011年までの半世紀のTV鑑賞報告をさせていただきたいと思います。

 といことで、本体ブログの「Essay」に、
 「TVドラマベスト10」と「TV時代劇ベスト10」を連載したのですが、
 こちらのミニブログでの映画の短評記事が蓄積したので、
 誤記を修正し、ベスト10表を見易くし、リンクも飛び易くして、
 こちらに再度載せてみることにしました。

 既に「TV時代劇ベスト10」は報告しましたが、
 今回から「TVドラマベスト10」を報告します。

 と思い、第10位から順に報告しようとしたのですが、
 野際陽子さんが亡くなるという何とも寂しいニュースが入り、
 追悼の意味で、
 野際陽子さんの本当に初期の頃の準主役の当たり役となった
 第5位から始めたいと思います。
        §§§
 今でこそTVドラマには、当然に、
 トレンディな(時代の先端をいく)才色兼備の女優が主役・準主役を張りますが、
 野際陽子さんがその走りであったことは間違いありません。

 当時はドラマの女優といえば専ら映画畑から供給されていたのですが
 (それはそれで当時の女優の美しさは今風のタレントの比ではありませんでしたが)、
 TVアナウンサーであった野際陽子さんは現代を生きる女性としてのリアリティがあり、
 その凛とした美しさと現代的な知性は、齢を重ねてますます際だったと思います
 (私にとってはズーッとあこがれのお姉様でした)。

 野際陽子さんのすごいところは、年齢による衰えが最もでてしまうTVの世界で、
 半世紀にわたり、その年齢に応じてトレンディかつ美しくあり続けたことです
 (その代わり、TVドラマの映画化以外の映画や舞台での印象は希薄ですが、
  それは野際陽子さんにとっては勲章といってよいでしょう)。

 例えば、新垣結衣さんや米倉涼子さんらがTVの世界で80過ぎまで、
 存在感のある美人スターであり続けられるか、を考えると、
 野際陽子さんは、八千草薫さんと並び奇跡の存在であったといえます。

 また、野際陽子さんは、我が国の戦前・戦後の記憶がほとんどなくなった、
 世界でも稀有な平和な時代の開始をを象徴していたといってもよく、
 このタイミングで亡くなったことは、
 その平和な時代を大いに享受した我々の世代にとって、
 何かの終わりのようにも思います(こんなに早く終わりがくるとは)。
        §§§
 私は、当時会社での仕事が忙しく、冬彦さんの母親役はたぶん見ておらず、
 久々に野際陽子さんを意識したのはDVDで観た
 『トリック』での仲間由紀恵さんの母親役ですが、
 このあたりのことは、またの機会にお話ししようと思います。

 なお、当時の本体ブログでの連載は、かなり適当に書いており、
 あまりに昔のドラマについては記憶違いも相当にあり、
 その記憶違いもそれなりに面白いかと思いますので、修正しないままにしておきます。

 なお、当時の連載の中で、後日に記憶違いに気が付いて入れた《お詫びと訂正》を、
 本報告の最後に移動しておきました。

******

第5位 『ローンウルフ一匹狼』(1967〜1968)
     『非常のライセンス』(1973〜1980)


第5位.jpg

 前回までの第10位から第6位までは、1960年代3本、2005年以降が2本と、
 TV草創期から最近までの間40年程が抜け落ちていますが、
 第5位から第1位では、その間が少しだけ補充されます。

 『ローンウルフ一匹狼』は、
 天地茂演じる刑事が、美貌の妻「冴子」(野際陽子が本当に美しい)の失踪を機に、
 刑事を辞めざるをえなくなり、
 妻の行方を捜しつつ事件に巻き込まれて孤独な闘いを続ける
 『逃亡者』(1963)の流れもくむハードボイルド系の名作ドラマです。

 『非常のライセンス』は、
 警察機構内に視点を定め、天地茂演じる会田刑事が、
 掟破りの捜査によって巨悪と孤独な対決をする、
 今考えると『ダーティハリー』(1971)の流れをくむ
 「警察ハードボイルドアクション」の走りであり、
 『新宿鮫』(小説1990)の原型の1つといってよいと思います。

 山村聰の上司や渡辺文雄の東大卒キャリアとの葛藤など、
 渋い役者が濃い演技をしておりました
 (今思うと『必殺仕掛人』(1972-1973)テイストも濃厚か)。

 回想の場面の会田刑事の亡き妻の上村香子が美しかった。

 『ローンウルフ一匹狼』はTVオリジナルで、原案が都築道夫、深沢欣二であり、
 『非常のライセンス』は、
 原作が生島治郎で、脚本に橋本忍、赤川次郎も参加していたとなれば、
 傑作ができるのも当然かと思います。

 『非常のライセンス』は、てっきり1960年代のドラマかと思っていましたが、
 今回駄文を書くにあたり、
 1970年代前半から始まり1980年まで続いていたのを知り驚きました。

 野際陽子は、『ローンウルフ一匹狼』での印象が強烈だったのと、
 『非常のライセンス』ではテーマソング(名曲!)を歌っていたこともあり、
 『非常のライセンス』でも天地茂とコンビを組んでいたかと勘違いしており、
 私の中で、2つのドラマが完全に融合しておりました。

 天地茂は、
 当塾生のMs.M.K.の永遠の憧れの人である成田三樹夫の少し先輩にあたり、
 初期の映画やTVドラマでは、あの三白眼を活かした悪役専門であったのが、
 『座頭市物語』(1962)の平手造酒役の
 労咳病みの素浪人を悲哀たっぷりに演じて以降、本当にいい役者であり続けました。

 亡くなった母が天地茂が好きで、
 『ローンウルフ一匹狼』〜『非常のライセンス』を欠かさず観ており、
 Ms.M.K.もそうですが、大人の女性というのは、
 必ずしも二枚目でなくても心がときめくものなのだ、
 ということを教えてくれた人生教訓ドラマでもありました。

 また「美貌の妻」は、それだけで、
 こういう渋い男が探し求める強い動機付けになるということも新鮮でありました
 (野際陽子だから当然か)。

《お詫びと訂正》

 今回作成した表を、最初に作成してから書き出せばよかったのですが、
 記憶だけで書き流していたため、
 TVドラマベスト10(第5位)で、とんでもない勘違いをしておりました。

 『非常のライセンス』の主題歌は、天地茂が歌う「昭和ブルース」でした。

 天地茂の真っ暗な雰囲気が、当時、耳にこびりついていたことを思い出しました。

 野際陽子の歌う「非情のライセンス」は『キイハンター』の主題歌でした。

 『ローンウルフ一匹狼』の天地茂−野際陽子コンビの印象が強烈で、
 『非常のライセンス』の記憶がごちゃごちゃになっているようです。

 ここに謹んでお詫びしますと共に、訂正させていただきます。

 なお、『非常のライセンス』のオープニング曲を提供した渡辺岳夫は、
 栗塚旭初期三部作『新撰組血風録』『俺は用心棒』『燃えよ剣
 の主題歌の作曲の方で有名ですね。

posted by Dausuke SHIBA at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180079714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック