2017年10月22日

『ユキエ』撮りたい映画を撮った松井久子監督デビュー作

 書こう書こうと思って、なかなか書けなかったのですが、
 観たのが9月2日でしたから、まだ記憶はある程度定かと思います。

 私のブログ指南をしてくれている友人が、
 彼の尊敬している芥川賞作家の吉目木晴彦さんのトークショーと、
 芥川賞受賞作『寂寥郊野』(1993)を映画化した『ユキエ』(1997)の上映会が、
 9月2日に小田原であるので行きませんか、と誘ってくれたのがきっかけでした。

 小田急ロマンスカーでのんびりとした近郊の旅ができ、
 映画とトークショーを楽しみ、帰りは小田原で軽く一杯呑んで
 とてもよい一日を過ごすことができました。

 なお、吉目木晴彦さんは、現在、
 私が広島大学の学生の頃に、クラブの友人達の憧れの女子大であった、
 安田女子大学文学部の教授をされていますので、
 今回の記事では、敬意を籠めて吉目木先生と呼ばせていただきました。

******

 友人から話を聞いていて一度は読んでおこうと思いながら、結局、
 原作は読まないままこの日を迎えてしまいました。

 当日は、『ユキエ』を監督した松井久子さんと吉目木先生の
 トークショーでしたが、松井監督のお名前も初めて伺い、
 これまでに監督された映画も見ておらず、
 従って『ユキエ』は全く予備知識なしで観ることになりました。

 この映画とトークショーの催しは、
 松井久子監督の映画に共感してきた主催者(ハッピーまな鶴プロジェクト)と、
 小田原が吉目木先生の生まれ故郷であるという縁繋がりの市役所文化政策課とが、
 意気統合したところで行った共同事業であったようで、
 お役所的な仰々しさのないとてもファミリアな雰囲気でした。

 パンフレットを引用しましたので雰囲気を感じ取ってみて下さい。
IMG_0003.jpg

IMG_0002.jpg

《ストーリー》

 太平洋戦争で日本が負けた終戦後に、
 日本に進駐した米軍兵であったリチャードと看護婦であったユキエは、
 縁あって結ばれ、ルイジアナに家庭を築きました。

 映画は、リチャードとユキエが、高校生になった二人の息子と共に、
 幸せな生活を送っていた1970年代の描写から始まります。

 20年後の現在(映画が製作された1990年代)、
 ユキエに記憶障害の兆候となるおかしな行動が目立ちはじめ、
 職をなくし失意の中にあるリチャードは、愛する妻を心配し、
 既に家を離れて独立した息子達も、家族や許嫁を連れて、
 ルイジアナの実家を訪問した折にその事実を知り、
 心乱れます。

 ユキエ自身も、自分に生じた異変に苦しむ中、
 リチャードとユキエの互いの愛と絆への信頼は揺るがず、
 静かで愛情深い母親を巡って、父親と対立する息子達も、
 それぞれの思いでユキエを支えます。

 そうした波乱含みの日常が過ぎて、結局、
 ユキエは自分だけの世界に閉じこもりきりとなるのですが、
 自宅のベランダの安楽椅子に座るそんなユキエを、
 リチャードも椅子に座って見つめ続けている、というところでエンドマークがでます。

《映画》

 映画は、フラッシュバックで断片的に描かれる
 ユキエの若い頃の記憶の中の日本以外は、全編が、
 ルイジアナ(ニューオリンズを擁する米国南部の州)の郊外を舞台としています。

 ユキエは四国(山陰だったかな?)の田舎育ちで、
 リチャードとの結婚で家を勘当されており、
 ルイジアナでの日本人女性たちとの交流以外は天涯孤独の境遇です。

 息子達以外の家族関係が全く描かれないので、
 具体的にはわからないのですが、リチャードも、
 ロートルの元軍人であることに経済的・人脈的な利益がほとんど何もない、
 米国人らしい壮絶に孤独な境遇です。

 二人が深い深い愛情で結ばれ、
 ともかくも互いがかけがえのない存在であることだけは
 ストレートに観る側に伝わってきます。

 リチャードが、夜中に、
 隣で寝ているはずのユキエがいなくなったのに気づき、探し回った挙句、
 真っ暗な沼の畔で、帰れなくなって佇んでるユキエを見つけ、
 駆け寄って抱きしめる場面などは、
 最近、涙腺がとみに弱っている私は、涙がこらえきれず、
 友人が隣に座っている手前、とても困ってしまいました。

 映画が終わった後で、隣の友人に、
 これはよくできたラブ・ストーリーだ、と感想を言ったのですが、
 映画の内容をよく知っている社会派の友人は意表を突かれたようでした。
 
倍賞美津子

 ユキエを演じたのは、映画制作時に52歳だった倍賞美津子さん。

 倍賞美津子さんは、倍賞千恵子さんの妹で、1970代年には、私にとっては、
 倍賞千恵子さんが、『寅さんシリーズ』の妹さくら役で人気絶頂で、
 マドンナ女優に引けをとらない清純・清楚な美人女優のイメージであったのに対して、
 倍賞美津子さんは、その『寅さんシリーズ』と2本立てで併映された
 松竹主演デビュー作『喜劇 女は度胸』(1969)の印象が強烈な
 肉食系のグラマー女優というイメージでした。

 この映画の冒頭の1970年頃は、私にとっては、
 そんな倍賞姉妹が活躍した、『寅さんシリーズ』と併映の喜劇を楽しみながら
 高校生活をしていた、おめでたき時代でありました。

 倍賞美津子さんは、その後も、アントニオ猪木と結婚したり、
 ムンムンとする色気が充満した硬派の日本を代表する女優といえます。

 この映画では、家族が日本語に堪能ではなく、
 彼女も英語がそう達者ではないという設定で、さらに、
 記憶障害(アルツハイマー)に侵され自分の世界に籠っていく
 という静かな役どころであり、
 163cmと日本では大柄な倍賞美津子さんも、
 米国人の夫と息子に囲まれると、とても小柄で、
 そして、同年代の松井監督がこの上なく彼女を美しく撮るので、
 知的で物静かでかわいらしい、私がかつてみたことがない倍賞美津子さんでした。

 ユキエがルイジアナで唯一心を許す日本人女性の友人を、
 この映画と同じ頃公開された『Shall we ダンス?』で、
 小粋なダンスのおばあちゃん先生をしていた草村礼子さんが演じています。

《吉目木先生のお話》

 映画終了後のトークショーで、
 原作者の吉目木先生の話を聞きましたら、原作の『寂寥郊野』は、
 1960年代後半に実際にルイジアナで生活をしていた吉目木先生が目にした
 戦争花嫁を題材にしていたということがわかりました。

 敗戦後に駐留米国兵と結婚して米国に移住した日本女性が、
 水商売関係を中心に多くいた、という話は、
 私も母親からよく聞いていましたが、
 ここでその話を聞くことになるとは思いませんでした。
 
 映画では、ユキエを診てもらった病院で、
 リチャードが、医者に二人の経緯をチラッと話しただけだったので、
 そこまで思いを馳せることができませんでしたが、
 映画『赤い天使』(1966)などで、
 従軍看護婦も大変な目にあったことがを描かれており、
 ユキエも相当に大変な過去があったように思います。

 但し、戦争花嫁は、
 戦後の日米の外交・経済交流において、誇りをもって懸け橋となり、
 他の国の戦争花嫁も含めた世界的な連帯を今でももっていて、
 彼女たちの子供、孫の世代がこの連帯の中心になりつつある、
 ということで、吉目木先生から、私の戦後の認識が現代に繋がり、
 目から鱗が取れたようなの貴重なお話を伺うことができました。

松井監督

 松井監督は、お若い頃はどれほどであったことか、と思わせるような、
 今でも大変に美しい女性でした。

 パンフレットによれば、雑誌ライター、俳優のマネージャー、
 テレビドラマのプロデューサーを経て、『ユキエ』で映画監督デビュー
 と、女優をしていても不思議ではない美貌と相まって、
 天に二物も三物も与えられている人がいるのを目の当たりにした気分でした。

 その松井監督が、トークショーの開始早々に「この映画はラブ・ストーリーです」
 と話され、隣りの友人が「柴先生が言ったとおりでしでしたね!」
 と驚いておりました。

******

 「私にも写せます」の頃の8mm映画全盛時の1975年頃には、
 私も8mm映画を撮っていたので、先輩?として言わせてもらえば、
 映画を撮ってみたかったという松井監督の気持ちはよくわかります。

 記号論的な話になりますが、
 8mm映画を生まれて初めて撮る人の出来上がったフィルムは面白いです。

 男が初めて撮ると、自分の好きな映画のように撮ります。

 私の大学の同期で、黒澤明と志村僑と宮口精二が好きな、
 要は『七人の侍』(1954)フリークであった男が、
 普段着のズボンのベルトに棒を差して歩き、
 自転車に乗って棒を振りかざして襲ってくる野伏せりとチャンバラする
 という世にもバカバカしい5分程度の8mm映画を、
 『剣鬼一人旅』と銘打ち、フィルムロールを大事そうに抱えていました。

 しかし、
 つっつと歩く姿が『七人の侍』の久蔵(宮口精二)に、
 棒の切っ先を地面すれすれに這わせながら中腰で走る姿が、
 『七人の侍』の勘兵衛(志村喬)にそっくりで、
 やはり人間は夢を持って何か実現させることが重要だと感心してしまった、
 あまり残しておきたくもなかった遠い記憶があります。

 一方で、普段あまり映画を観ない女性が初めて8mm映画を撮ると、
 視線が定まらない船酔いしたような映像が出来上がります。

 映画というのは、自分で何かを撮りたいという意志がないと、
 出来上がった映像が何とも珍妙なものになるという、
 記号論的な面白さがあります。

 そんな女性が、撮影に慣れて自分で撮りたいと思うものを取り出すと、
 男ならばまず撮れないであろう感性豊かな映像が出来上がるときがあり、
 感動したことがある、というのもはるか昔の遠い記憶です。

******

 『ユキエ』の冒頭で、
 ユキエが丹精込めて作り上げたであろうルイジアナの自宅のキッチンを
 カメラが舐めるように移動撮影する場面があります。

 ユキエの想いが籠った、ソフトフォーカスがかかって、
 淡く美しい色彩の食器や器具が整頓されている佇まいが、
 見る側に提示されます。

 とても素人臭い映像と思いましたが、
 この映像は、松井監督が初めて撮った映画で本当に撮りたかったのだろうなあ、
 と遠い記憶がよみがえるような気持ちがしました。

 このような女性の気持ちが籠った映像は、
 男の監督は撮ろうとしないし、撮れないと思います。

 黒澤明監督であれば、生活感を出そうと、実際に皿を使い込んで汚れをつける、
 というようなことになりかねません。

 松井監督も、若い男の助監督をこき使って、
 食器と器具を納得いくまで並べ替えたと思いますが、
 映画監督はそれでいいいのです。

******

 原作はおそらく、思索的で内省的な描写が主体になるであろうし、
 今回の主催者もそうでしたが、映画に期待する側は、
 戦争花嫁、アルツハイマー、人種差別などの社会的テーマに焦点を当てがちですが、
 松井監督はほとんどラブ・ストーリーの部分だけを取り出しており、
 ビジュアルに徹して、
 社会的なテーマはあくまで二人の愛情の純化を際立たせるための背景として
 扱っているように見えます。

 松井監督が、本来は社会的現実と切り結ぶべきTVのプロデューサーだからこそ、
 初めて社会的現実を背景として客観化できたのであり、
 映画畑にどっぷり浸っていた映画監督は、このような背景化はぜずに、
 もっと背景自体に焦点を当てておどろおどろしいものにするように思います。

 松井監督が話していましたが、この映画を撮った頃は、
 話題になる恋愛映画といえば『失楽園』(1997)くらいで、
 女性が見たいと思う映画がなかったと嘆いておられましたが、
 全くその通りと思います。

 映画も男の世界で、特に男尊女卑の傾向がある団塊の世代の代表でもある
 『失楽園』の森田芳光監督などは(好きな映画監督ではあるのですが)、
 あまり品の良いとは言えない女性の描き方しかできず、
 松井監督の仰ることはよくわかります。

 ユキエの夫であるリチャードは、
 女性が言って欲しいこと・して欲しいことを、全て言ってしてくれる、
 おそらく女性が理想とする男性として描かれています。

 過去にトラウマがありそうな元軍人で、
 一本気でありながら知的で、妻にどこまでも易しい、
 初老ながら二枚目であるという俳優を、
 いったいどこから見つけてくるのでしょうね。
 
 オーディションにはロバート・ボーンも来たというのに、
 ロバート・ボーンを採用しなくても、それ以上にピッタリの俳優を選ぶのですから、
 松井監督のプロデューサーとしての眼力は大したものです。

 有能な女性監督や女性プロデューサーが映画やTVドラマを制作すると、
 このような、女性に言って欲しいこと・して欲しいことを、
 全て言ってしてくれる、理想的な男性が登場してくる気がして仕方ありません。

 例えば、
 『マイ・インターン』(2015)のロバート・デ・ニーロや、
 『ドクター・クイン』(1993-1998)のクイン先生の夫になる最強の二枚目とかが
 典型です。

 こういった観点から、誰か、女性監督論をまとめてくれないかなと思うくらいです。

 吉目木先生は、松井監督に脚色は全てお任せしますと言っておられ、
 シナリオの新藤兼人さんも、松井監督が当初誰かに監督をさせようとしたのを、
 自分で撮りたい映画を撮れと背中を押してくれたとのことで、
 そしてこのような美しい映画を残すことが出来たと思えば、
 松井監督の周りにも、心だけは理想的な男性が多くいらしたのでありましょう。
 

《ミステリーとしての『ユキエ』》

 何と言っても、ユキエとリチャードが、何故深い愛情で結ばれるに至ったかは、
 『ユキエ』の最大のミステリーです。

 松井監督には、この時代の日本であるからこそ、
 『ユキエ』の最大のミステリーについて回答する映画を撮って欲しいと思います。

 駐留軍の米国軍人と日本人女性とが結婚して米国に移住したカップルは
 5万組に及ぶといわれています。

 戦勝国の米国軍人であれば、帰国して米国人女性と結婚することもできたでしょうに、
 何故、かくも多くの米国軍人が敗戦国の女性と恋に落ちて結婚するに至ったのか、
 について、ユキエとリチャードを通して描くことは、
 あの頃の前夜の雰囲気に生きる現代の若い日本人にとって、
 戦争というものを考えるよいきっかけになるのではないかと思うのです。

 新藤兼人さんが99歳まで現役監督をしていたことを考えると、
 松井監督はまだまだお若く、
 松井監督の同世代の時間だけはまだある団塊男達に金を出させて
 映画の資金を調達したらよいと思います。

 シナリオは、松井監督よりも一回りお若い、
 吉目木先生に是非お願いしたいと思います。
posted by Dausuke SHIBA at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181351038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック