2019年06月21日

『陸王』こはぜ屋のために知財コンサルティングをする(その4:第3話)

■幕間■
 『陸王』第2話では
 特許樹脂「シルクレイ」をソール素材に最適と考える宮沢社長(役所広司)が、
 行方不明になっていた特許権者の飯村氏(寺尾聰)を探し出し、
 説得に説得を重ねて、飯村氏からライセンスを受けることに成功しました。

 その間に、西島弁理士は「シルクレイ」を使用する前段階の試作品について、
 特許出願をします(特許の無名塾版『陸王』第2話)。
 
 『陸王』第3話では、
 銀行の融資担当の大橋(馬場徹)が、新規スポーツシューズのための融資を渋り、
 宮沢社長の息子の大地(山崎賢人)の就活がうまくゆかず、
 飯村氏と大地が取り組む「シルクレイ」の改良は進まず、
 宮沢社長が届けた『陸王』試作品を茂木選手(竹内涼真)は履いてくれず、
 『陸王』の実用化に向けた開発が停滞してしまうエピソードが進みます。

 詳細はこちらが参考になります↓
http://drama-night.com/tbs/rikuou-1wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-1wa2/2
http://drama-night.com/tbs/rikuou-2wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-3wa

 こういうときに、西島弁理士(西島秀俊)は宮沢社長をどうサポートするかを
 挿入してみました。

■第3話■
●西島特許事務所●
 秘書(石田ゆり子)が電話を取る。
〔秘書〕西島先生、宮沢社長からお電話です。
〔西島〕宮沢社長、何か進展がありましたか?
〔宮沢〕西島先生、飯村氏と交渉することに成功しました。
    飯村氏は最初渋ってましたが、何とか説得した結果、
    「シルクレイ」特許をこはぜ屋にライセンスしてくれることになりました!
〔西島〕宮沢社長、それはおめでとうございます。
    それでは、私の方から、ライセンス契約書と秘密保持契約書を送りますから、
    飯村氏と契約を交わして下さい。  

●こはぜ屋の事務所●
 西島弁理士が、宮沢社長から「シルクレイ」の進捗状況を聞いている。
〔宮沢〕西島先生、飯村氏がこはぜ屋の技術顧問になってくれて、
    就活が上手くいかずブラブラしている大地を助手につけて、あれから毎日、
    2人でシルクレイ製造装置で柔らかいシルクレイの製造条件を検討してますが
    なかなかうまくいきません。
〔西島〕宮沢社長、大丈夫ですよ。
    佃社長(三上博史/阿部寛)のおかげで、
    ソール素材の柔らかさの目標値はわかっています。
    目標値がわかっていれば、樹脂製造技術者は製造条件を必ずみつけますよ。

●西島特許事務所●
 秘書(石田ゆり子)が電話を取る。
〔秘書〕西島先生、宮沢社長からお電話です。
〔西島〕宮沢社長、何か進展がありましたか?
〔宮沢〕西島先生、飯村氏と大地が、ついに柔らかいシルクレイの製造に成功しました!
    いやー、ここまでくるのに半年かかりました。
〔西島〕宮沢社長、ここで気を抜いてはだめですよ。
    「シルクレイ」に関する特許出願を検討しましょう。
〔宮沢〕え〜!、西島先生、「シルクレイ」はもう特許になっているのに、
    これ以上、特許出願できるんですか?
〔西島〕勿論ですし、当然しなければいけません。
    電話では長くなるので、こはぜ屋さんに行って説明します。

●こはぜ屋の事務所●
 西島弁理士が、宮沢社長と富島専務(志賀廣太郎)に、
 今後の特許出願の可能性を説明している。

《基礎出願》
 シルクレイ樹脂ではない既存の樹脂を使用した、
 基本コンセプトを満たしますが、耐久性が不足する試作品については、
 先日出願しました。

《基礎出願に基づく国内優先権主張出願》(特許出願1)
 そこで、先日した基礎出願の内容に、シルクレイ樹脂を使用した、
 基本コンセプトと耐久性の両方を満たすスポーツシューズを加えて、
 国内優先権主張出願をして、これを改めて基本特許出願とします。
 基礎出願から1年以内ですから、このような特許出願ができます。

《低弾性シルクレイ樹脂、その製造方法及びその製造装置》(特許出願2)
 従来は硬いとばかり思われていたシルクレイ樹脂に対して、
 飯村氏と大地君が半年間試行錯誤しして、ある特定の範囲の加工温度にすると、
 誰も予想しなかった柔らかい低弾性シルクレイ樹脂を得たのです。

 従って、低弾性シルクレイ樹脂は、
 飯村氏の特許には開示されていなかったことになり、
 飯村氏のシルクレイ樹脂・製造方法・製造装置に関する特許があっても
 選択発明として新規性と進歩性を有する発明といえます。そして、
 加工温度を特定の範囲にするシルクレイ樹脂の製造方法も特許性がありますし、
 低弾性シルクレイ樹脂の製造装置も特許性があります。

 こはぜ屋さんがこれらについて特許権を取得すれば、
 低弾性シルクレイ樹脂は、こはぜ屋さんのライセンスを受けなければ、
 飯村氏といえども製造できず、他人にライセンスできません。

《低弾性シルクレイ樹脂を使用した靴用樹脂、靴底及び靴》(特許出願3)
 靴用途に限定した低弾性シルクレイ樹脂の発明です。
 こはぜ屋さんが特許権を取得すれば、
 誰もシルクレイ樹脂を靴用途に使用できなくなります。

〔宮沢〕私も冨島も頭が混乱して、
    西島先生のご説明にほとんどついていけなくなってますが、
    すいません、結局、特許出願1〜3をすると、
    こはぜ屋にどんなメリットがあるのでしょうか。
〔西島〕すみません。『陸王』が素晴らしい発明なので、
    目一杯の可能性を考えてしまいましたが、ややこしくなりました。
    要するに、貴社には以下のメリットがあると考えて下さい。

    @こはぜ屋さんが、これらの特許出願をして特許権を取得できれば、
     低弾性シルクレイ樹脂については、
     アトランティス社を始め、他社は手も足も出すことができなくなり、
     飯村氏も、どこにもライセンスできなくなります。

    A飯村氏のシルクレイ樹脂に関係する基本特許はあと6年で切れるので、
     こはぜ屋さんが、飯村氏から独占的なライセンス契約を結んでも、
     シルクレイ樹脂を独占使用できるのは、『陸王』販売からせいぜい5年です。
     ここで、低弾性シルクレイについて、こはぜ屋さんが特許権を取得すれば、
     飯村氏のシルクレイ樹脂に関係する基本特許を実質的に15年延命できる
     ことになり、こはぜ屋さんにとって、
     他社を排除した独占市場の中で、十分な投資回収期間を確保できます。
〔冨島〕西島先生、特許出願のメリットはよくわかりましたが、
    特許出願費用は最初の30万円どころか、100万円を超えてしまいますね。
    社長、どうするんですか。本当に発明貧乏にならないのでしょうね。
〔西島〕富島専務、そこは私も考えたところですが、
    埼玉県でも、中小企業の開発支援事業をしていて、
    特許出願費用も支援してくれます。ダメもとで申請してみませんか。
    『陸王』は特許性のある技術の塊ですから申請が通る可能性はあると思います。
〔宮沢〕そうですね。我々も今ある様々な支援制度を利用しない手はありませんよね。
    私の方でも、せっかくのシルクレイ樹脂を応用できないか考えてみます。
〔西島〕それと、今回の特許出願を準備するときに、
    こはぜ屋さんが『陸王』を製造販売したときに侵害してしまう他社特許の存否も
    突っ込んで調査してみます。
    先日、基礎出願をする際に、念のため、先行技術は調べていて、
    他社は、シルクレイ樹脂並に強靭で、
    シルクレイでも困難だった低弾性を有する樹脂などあるはずがない
    という先入観があるのかもしれませんが、
    低弾性の樹脂をソール素材とする特許出願はなかったので、
    おそらく、『陸王』に影響する他社特許はないと思いますけどね。
〔宮沢〕西島先生だけが頼りですので、よろしくお願いします。    
(続く)
posted by Dausuke SHIBA at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186172023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック