2019年06月22日

『陸王』こはぜ屋のために知財コンサルティングをする(その7:第7話)

■幕間■
 『陸王』第6話では、弁理士が活躍し、ドラマと少し展開が変わります。。
 右向き三角1こはぜ屋が、タチバナラッセル社の特許織物「ダブルラッセル」をアッパー素材
  とした第2次改良『陸王』を完成する間、
  西島弁理士(西島秀俊)が第2次改良『陸王』に関する特許出願4をしながら、
  第1次改良『陸王』に関して特許出願1〜3を早期審査して特許1〜3にする。
 右向き三角1ニューイヤー駅伝で、こはぜ屋が支援する茂木選手(竹内涼真)が、
  第2次改良『陸王』を履いてアンカーとして走り、
  同じアンカーとなったライバルの毛塚選手(佐野岳)に競り勝ち、
  怪我からの復活を印象付ける。
 右向き三角1タチバナラッセル社がアトランティス社に寝返るが、
  アトランティス社は、特許1〜3が障害となってスポーツシューズに使用できない。
 
 『陸王』第7話では、ドラマは、以下のような展開となります。
 右向き三角1「ダブルラッセル」に代わるアッパー素材を大地(山ア賢人)が探すことになる。
 右向き三角1「シルクレイ」製造装置が火災で使用できなくなり、再建には1億かかり、
  メインバンクの埼玉中央銀行は融資を渋る。
 右向き三角1アウトドア用品の国際的大企業Felix社が、
  「シルクレイ」特許権者の飯村氏(寺尾聰)に、
  「シルクレイ」特許の独占的ライセンスを受けたいと申し出る。

 詳細はこちらが参考になります↓
http://drama-night.com/tbs/rikuou-1wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-1wa2/2
http://drama-night.com/tbs/rikuou-2wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-3wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-4wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-5wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-6wa
http://drama-night.com/tbs/rikuou-7wa

 ドラマでは、こはぜ屋は『陸王』関連特許を有しないので、
 Felix社との交渉当事者になりようがなく、
 「シルクレイ」のライセンスを継続するには飯村氏の胸先三寸に賭けるしかない
 という極めて非現実的な設定になっています。

 特許の無名塾版『陸王』では、こはぜ屋は既に3件の特許権を有していますので、
 外見上の進展は一見同じようにみえても、
 登場人物の胸中はドラマの展開とは大きく様相が異なってきます。

■第7話■
●西島特許事務所●
 西島弁理士が、ミーティングテーブルを挟んで、宮沢社長(役所広司)に、
 アッパー素材の探索と「シルクレイ」製造装置再建のアドバイスをしている。
 秘書(石田ゆり子)が、和歌山の高級南高梅を添えたほうじ茶を置いて、
 憂いを含んだ笑みを浮かべて退室する。
〔西島〕「ダブルラッセル」を含むアッパー素材に関する特許出願4については、
    また大門審査官が担当でしたが、先日、大地君も面接に行ってくれたおかげで、
    特許査定がきていました。
〔宮沢〕大地も、あの大門審査官の超上から目線審査にはとても怒ってましたが、
    まあ、それも社会勉強ですよね。
    西島先生のおかげで、知財戦略は着々と進んでいるのですが、
    開発が頓挫してしまい、本当に情けない。
〔西島〕大地君には、こはぜ屋さんの持っている4件の特許を頭に叩き込んで、
    アッパー素材メーカーに当たるよう伝えて下さい。
〔宮沢〕「シルクレイ」製造装置再建の方は本当に参っています。
    飯村氏がFelix社に心を動かすのも無理ありませんし。
〔西島〕いや、Felix社はそのうち、宮沢社長に話を持ち掛けてくるでしょう。
    飯村氏の「シルクレイ」特許のライセンスを受けても、
    Felix社の欲しいのは、
    飯村氏の「シルクレイ」特許に書いてある高弾性シルクレイではなく、
    こはぜ屋さんが持っている特許2の低弾性シルクレイですから、
    飯村氏と話していても意味がないことをすぐに理解すると思います。

●こはぜ屋の事務所●
 宮沢社長、富沢専務(志賀廣太郎)、そして西島弁理士が
 「シルクレイ」製造装置再建について討議している。
〔宮沢〕西島先生、わざわざ、和歌山の南高梅をお土産にもってきていただき
    ありがとうございます。先日、とても美味しかったものですから嬉しいです。
    すみません、うちだと茶渋のついた湯飲みと安いお茶しかなくて。
〔富島〕西島先生が仰ったように、
    坂本さんも、Felix社がこはぜ屋を買収したいという話を嗅ぎつけて、
    この話に乗っかったらどうかと言ってきたんです。
    こはぜ屋を身売りするなんてとんでもない話だと私は断固反対しています。
〔宮沢〕先日、融資担当の大橋課長(馬場徹)もめずらしく富島と同じこと言ってました。
〔西島〕私も、今回は、富島専務のご意見に賛成です。
    Felix社もこはぜ屋さんを丸ごと買収とは凄い話をもってきましたが、
    こはぜ屋さんが特許をもたない裸一貫の企業なら
    それもやむを得ないかもしれませんが、
    こはぜ屋さんは特許権で「裸足感覚」のスポーツシューズ市場を制圧しています。
    ですから、Felix社が当初飯村氏に持ち掛けた話に引き戻して、
    こはぜ屋さんの特許権に関するライセンス交渉にしてはどうでしょうか。
(続く)
posted by Dausuke SHIBA at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186173972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック