2020年01月03日

『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(その2:緊張の開場直前)

 夏目漱石生誕150年を前にした2017年2月19日に、
 新宿区戸塚地域センターで公演された『朗読劇 こころ』に続き、
 劇団天辰の朗読劇公演第2弾『朗読劇 三四郎』が下記日程で行われました。

 ■日時:2019年12月8日(日)午後2時〜4時
 ■会場:漱石山房記念会館 地下1階講座室
 
 前回までに、
 当日の10日前の漱石山房記念会館でのリハーサル風景と、
 当日の、柴特許事務所から漱石山房会館までの街の風景を
 描写してみました↓
 『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(予告編)
http://patent-japan.sblo.jp/article/186866016.html
 『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(その1:漱石山房記念館まで)http://patent-japan.sblo.jp/article/186920696.html

 今回は、当日の開場前の緊張した開場直前の練習風景をお届けします
 (画像は、クリックすると鮮明にみることができます)。

******

■開場前のロビーでは、来場者が集まりだしています。
@開場前のロビー.JPG

■場内では、直前練習が始まっています。
A直前練習の場内.JPG

■緊張した面持ちの出演メンバー
B緊張した面持ち.JPG

C緊張した面持ち.JPG

D緊張した面持ち.JPG

●広田先生役の伊藤博之さんは、既に舞台衣装で気合十分ですが、
 セリフの覚えが・・・(若い広岡さんにコーチを受けています)。
●左から3人目は野々宮役の野口玲二君、右端は看護婦役の飯長有沙子さん
E緊張した面持ち.JPG

■天辰座長の最終確認です。
F緊張した面持ち.JPG

G天辰座長の最終確認.JPG
●左から(括弧内は尾上先生以外は役名)、
 天辰座長(座長)・広岡悠那(与次郎)・山口玲二(野々宮)・飯長有沙子(看護婦)
 古梅志穂(宿屋の女)・松澤拓也(三四郎)・土田若菜(美禰子)・榎本舞咲(座長の娘)
 山崎裕一郎(色々な男)・伊藤博之(広田先生)/尾上傑(振付)
●なお、榎本さんは、天辰座長の実の娘ではなく、
 劇中の天辰座長家族の長女役ということです。 

H天辰座長の最終確認.JPG

■いよいよ、舞台衣装に着替えて、皆(より)美しくなりました。

●美禰子役の土田若菜さん(中央)と宿屋の女役の古梅志穂さん(右)
I舞台衣装をまとって美しく.JPG

●座長の妻役の豊永實千代さん
J舞台衣装をまとって美しく.JPG

●ナレーションの早乙女とみえさん
K舞台衣装をまとって美しく.JPG

●与次郎役の広岡悠那さん(中央前)と振付の尾上傑先生(中央右奥)。
 広岡さんとすれ違ったロビーの来場者が「あれ!? 女の子だったの?」
L舞台衣装をまとって美しく.JPG

■そして、会場が次第にお客様で埋まりだしました。
Mお客様が入場しだしました.JPG

 次回は、開幕から第1幕までをお届けします。
posted by Dausuke SHIBA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186989837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック