2020年01月03日

『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(その3:開幕から第1幕)

 夏目漱石生誕150年を前にした2017年2月19日に、
 新宿区戸塚地域センターで公演された『朗読劇 こころ』に続き、
 劇団天辰の朗読劇公演第2弾『朗読劇 三四郎』が下記日程で行われました。

 ■日時:2019年12月8日(日)午後2時〜4時
 ■会場:漱石山房記念会館 地下1階講座室
 
 前回までに、
 ⓪当日の10日前の漱石山房記念会館でのリハーサル風景、
 @当日の、柴特許事務所から漱石山房会館までの街の風景、そして、
 A当日の、開場前の緊張した直前練習の風景をお届けしました。

 ⓪『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(予告編)
http://patent-japan.sblo.jp/article/186866016.html
 @『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(その1:漱石山房記念館まで)http://patent-japan.sblo.jp/article/186920696.html
 A『朗読劇ミュージカル 三四郎』新宿より漱石に愛を込めて2(その2:緊張の開場直前)
http://patent-japan.sblo.jp/article/186989837.html

 今回は、開幕から第1幕までをご紹介します。
 写真はクリックすると鮮明に見ることができます。

******

■会場は、用意した約50席がほぼ満席となり、天辰座長の挨拶から始まりました。
1-1GEDV0092.JPG

■本朗読劇の幕場は以下の通りです。
 《第1幕 上京》
  第1場 上野のお花見
  第2場 貴社の中の三四郎
  第3場 名古屋の宿
  第4場 東京に向かう東海道線の車中
 《第2幕 東京帝国大学(赤門)》
  第1場 池の二人の若い女
  第2場 リボン
 《第3幕 新学期》
  第1場 佐々木与次郎
  第2場 広田先生の家
  第3場 仲良くお掃除
 《第4幕 団子坂・菊人形》

 天辰座長によると、当時の新学期は9月だったところを、
 本朗読劇では、時代考証に優先して、
 開幕の「さくら」にちなんだ歌と踊りを生かすために、
 新学期を4月にしたとのことでした
 (天辰座長が使用したの直筆メモが書かれたシナリオです)
IMG_0001.jpg

■劇団天辰の朗読劇は、ミュージカルの場面が随所に散りばめられるのですが
 残念ながら動画と音を再現できないので、配布された劇中歌集で、
 雰囲気を感じ取ってみて下さい。
劇中歌.jpg

《開幕》

■開幕の歌と踊り「さくらさくら」です。
1-1GEDV0093.JPG

■会場も一緒に歌います。伴奏は天辰座長の軽やかなウクレレ演奏です。
1-1GEDV0094-3.jpg

■主役二人の和風デュオを遠目に。
1-1GEDV0098.JPG

■助演は会場サイドで桜の見立てで。
1-1GEDV0099.JPG

《第1幕第1場》


■天辰座長の一家が上野で花見をするところから始まります。
1-1GEDV0100.JPG

■数年前に『朗読劇 こころ』を上演した天辰一家が花見するという設定で、
 天辰座長が父、豊永さんが妻、榎本さんが娘のはずなのですが、
 豊永さんが思い切り若作りするし、榎本さんは元々若いし、
 天辰座長がお祖父さんでちょうどよいくらいになってしまいましたが、
 気にせずに堂々と演じています。
1-1GEDV0101.JPG

《第1幕第2場》

■花見をしながら、父が手に持った文庫本『三四郎』の話を娘にしだすと、
 早乙女さんのナレーションにより、
 場面は、明治時代の東海道線の車中の三四郎に繋がります。
1-1GEDV0102.JPG

■ここで、また合唱です。
1-1GEDV0103.JPG

■車中での、謎の女と男の会話。
1-2GEDV0104.JPG

1-3GEDV0105.JPG

《第1幕第3場》

■名古屋で宿泊するために下車した三四郎は、宿を探す謎の女と同行することに。
 宿では、下女(飯長さんの二役)が男女の連れと思い込み、二人を案内する。
1-2-3GEDV0107.JPG

■三四郎と謎の女は、女中が蚊帳の中に敷いた床を共にすることになるが・・・
1-3GEDV0106.JPG

 謎の女を演じた古梅志穂さんは、本朗読劇の助演女優賞です。

 原作では謎の女の外観・声・話し方の描写はほとんど全くなく、
 読者が想像するしかないのですが、古梅さんは、
 何とも言えないムンムンとした色気がにじみ出てくる
 年増の玄人風の女を声の演技だけで表現しており、悩殺されました
 (24歳でこれでは、この先、おじさんキラー確実です)。

 ******

 観劇している間は全く気がつきませんでしたが、念のため講釈を。

 この蚊帳の場面は当然に季節は夏の終わりであり、三四郎は東京に着いた後、
 9月に新学期に東京帝大に入学することになります。

 原作はその通りなのですが、本朗読劇では、新学期を4月に設定変更したので、
 春先に蚊帳を張ることになってしまうので、少し倒錯します。

 まだ寒さが残る春先の宿の1室に、二人連れの男女のために、
 厚手の布団が1つ敷いてあるという設定にしたら、
 この場の生々しい色っぽさがますます過激になってしまったかもしれませんが。

《第1幕第4場》

 何とか何事もなく一泊した名古屋から、三四郎は再び東海道線に乗りますが、
 そこで、怪しい男と乗り合わせ、延々と哲学問答に突き合わされ、
 東京に来たことを実感します。
1-4GEDV0108.JPG

******

 三四郎が、福岡から電車を乗り継いて東京に到着するまでは、
 原作ではわずか20頁足らずなのですが、
 田舎者の三四郎が新しい世界に接触した際の新鮮な驚きが、
 ロードムービー的なエピソードの連なりで簡潔に的確に描写されます。

 夏目漱石はやはり小説が上手い!

 天辰座長も、このロードムービー的エピソードをとても丁寧に演出しており、
 原作の意図をきちんと読み取っています
 (天辰座長が演出に気をとられ、担当した駅員の声とかの背景音が、
  なかなか出て来なくて、出演者が焦る中、
  会場全体がなんとも言えない静寂に包まれたのはご愛敬でしたが)。

 次回は、三四郎が、東京帝大に行って、おかしな人たちと知り合い、
 そして、運命の美禰子と出会う第2〜4幕をご紹介します。

 



 
posted by Dausuke SHIBA at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186990151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック