2019年03月28日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(6)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(6)』を掲載しました。


 弁理士会誌「パテント」3月号に掲載された私の論文
 を読んでくれた東京新聞特報部の中山岳記者が、
 3月18日に、私の事務所まで取材にきてくれました。

 そして、3月28日に、東京新聞朝刊「こちら特報部」に、
 取材に基づいた「IOCライセンス活動は「違法」
 との見出しの記事が掲載されました。

 記事は論文をベースに、
 最新の情報である閣議決定と国会審議の情報を織り交ぜ、
 論文ではほとんど触れていない、
 IOCファミリーのアンブッシュマーケティング対策の理不尽を指摘した
 『オリンピックvs便乗商法』の著者である友利昴氏のコメントも加えて、
 法的構造とライセンスビジネスの実態を過不足なくまとめており、
 違法ライセンス問題を考える上で有用な内容であると思います。
posted by Dausuke SHIBA at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年03月24日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(4)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(4)』を掲載しました。

 2019年3月20日、参院法務委員会で、小川敏夫議員(立憲民主党)が、
 「JOCによる商標法31条の禁止規定に違反した通常使用権許諾について」
 と題して、内閣官房及び経産省に対して質疑を行いました↓
https://www.youtube.com/watch?v=c-piTW48Uio(51:15〜1:15:30)
https://twitter.com/OgawaToshioMP?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 その時の政府答弁のうち、
 小川議員の質問に直接答えていない「ご飯論法」ですが、
 「本件ライセンス契約は、民間団体と民間企業の私契約の問題であり、  
  政府として特段深く関与すべき問題ではないという認識である。」
 について検討しました。

 上記回答は、
 政府がIOCが進めるライセンスビジネスをサポートする
 重要なプレイヤーであることと整合しません。

 政府にとって何の利益にもならない「ご飯論法」を
 何故する必要があるのか不思議です。
posted by Dausuke SHIBA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年03月23日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(3)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(3)』を掲載しました。

 2019年3月20日、参院法務委員会で、小川敏夫議員(立憲民主党)が、
 「JOCによる商標法31条の禁止規定に違反した通常使用権許諾について」
 と題して、内閣官房及び経産省に対して質疑を行いました↓
https://www.youtube.com/watch?v=c-piTW48Uio(51:15〜1:15:30)
https://twitter.com/OgawaToshioMP?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 その時の政府答弁を分析しました。

 今回は、政府が説明する
 登録商標エンブレムのライセンス契約が合法であることの理由
 について検討しました。

 政府の答弁は、小川議員も指摘していますが、
 知的財産の専門家からみても、まずありえないないおかしな内容で、
 オリンピックのブランド価値に深刻な影響を与えないために、
 政府はこれ以上、合法性を主張することは止めた方がよいのではないか
 と思います。
posted by Dausuke SHIBA at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年03月22日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(2)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(2)』を掲載しました。

 2019年3月20日、参院法務委員会で、小川敏夫議員(立憲民主党)が、
 「JOCによる商標法31条の禁止規定に違反した通常使用権許諾について」
 と題して、内閣官房及び経産省に対して質疑を行いました↓
https://www.youtube.com/watch?v=c-piTW48Uio(51:15〜1:15:30)
https://twitter.com/OgawaToshioMP?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 その時の質疑を、上西先生のパブリックビューイング風にまとめてみました。

 小川議員は、私の論文の内容を共有いただいた国会議員のお一人で、
 本件の背景から最新の動向までを全て知り尽くした上で、
 わずか20分の審議で、問題の本質のほぼ全てを俎上に乗せてしまいました。

 まさに、小川砲炸裂の剛球が投げ込まれ、官僚が全く答えることができないまま、
 第1ラウンドが終了しています。

 オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑については、
 参議院では、小川議員により法務委員会で質疑が継続し、
 衆院及び東京都議会でも、大きな議論になるものと思われます。
posted by Dausuke SHIBA at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年03月16日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(1)

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック関連登録商標の違法ライセンス疑惑(1)』を掲載しました。

 一読しただけでは「???」となる内容と思いますが、全て事実であり、
 弁理士受験と初歩的な民法の知識で理解できますので、是非ご一読下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年11月17日

知財テーマブログの最新記事:オリンピック知財のライセンス活動に関する弁理士試験予想問題

 私の知財テーマブログに、
 『オリンピック知財のライセンス活動に関する弁理士試験予想問題』を掲載しました。
 http://patent-japan-article.sblo.jp/article/184994869.html?1542415706

 先日投稿したオリンピック知財のライセンス活動に関する論文をネタにした
 弁理士試験予想問題です。

 弁理士はこんな問題を30分足らずの時間で論述することで資格をとっております。
posted by Dausuke SHIBA at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年11月04日

知財テーマブログの最新記事:論文『開催都市契約とオリンピック知財の活用』がネット公開

 私の知財テーマブログに、
 「論文『開催都市契約とオリンピック知財の活用』がネット公開」を掲載しました。

 最近、弁士会誌「パテント」の掲載記事のネット公開が早くなっており、
 多くの皆様に読んでいただけるのは嬉しい限りです。
posted by Dausuke SHIBA at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年10月28日

知財テーマブログの最新記事:特許法等改正説明会2018(H30.10.9)の参加報告

 私の知財テーマブログに、特許法等改正説明会2018の参加報告
 を掲載しました。

 私の顧客に最も影響のありそうな
 「中小企業等の特許料等の一律半減制度の導入」について、
 特許庁の説明が非常に解り難かったので、注意喚起も兼ねて報告します。
posted by Dausuke SHIBA at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月26日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(10)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事1本(『五輪』が危ない(10))
 を掲載しました。

 前回までで、出願商標『五輪』は、
 商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈によって、 
 特許庁の審査で以下の取扱いがなされうることを説明しました。

A.商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈が妥当である場合
(ケース1)『五輪』が商標法4条1項6号の「表示する標章」に含まれ、
  何人による出願商標『五輪』も登録されないことになるが、
  商標法4条2項も自動的に拡大解釈され、
  IOCは商標法4条1項6号の例外規定たる商標法4条2項が適用され、
  IOCの出願商標『五輪』には、商標法4条1項6号は適用されない。
(ケース2)『五輪』が商標法4条1項6号の「表示する標章」に含まれ、
  何人による出願商標『五輪』も登録されないことになるが、
  商標法4条2項は自動的に拡大解釈されず、 
  IOCの出願商標『五輪』には、商標法4条1項6号の例外規定たる
  商標法4条2項が適用されず、商標法4条1項6号により拒絶される。

B.商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈が不当である場合
  商標法4条1項6号の立法趣旨(権威尊重・国際信義上)の観点から、
  商標法4条1項6号の「表示する標章」に『五輪』を含めることは不当で、
  IOCの出願商標『五輪』には、
  商標法4条1項6号も商標法4条2項も適用されない。。

C.A(ケース1)及びBの場合

  IOCの出願商標『五輪』は、
  新聞記者の創作後80年間にわたり我国大衆が自由使用できるという
  商標使用秩序が形成されている状況下で、、
  商標法4条1項7号(公序良俗違反)が適用され拒絶される。

******

 今回は、特許庁が、
 産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会商標審査基準
 ワーキンググループによる検討を通じて、
 上記の商標法第4条1項6号を拡大解釈するに至った経緯について、
 考えてみたいと思います。

 リンク先を以下にリストにしました。
『五輪』が危ない(10):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈の検討経緯
『五輪』が危ない(9):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(U)
『五輪』が危ない(8):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(T)
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月18日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(8)(9)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事2本
 (『五輪』が危ない(8)(9))を掲載しました。

 前回、
 「商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降の
  商標法第4条1項6号の拡大解釈によって、
  『五輪』が商標法第4条1項6号の対象標章になっており、その結果、 
  商標法第4条2項が自動的に拡大解釈されてしまうことになります。」

 と説明しましたが、今回、改めて考えてみると、
 特許庁は上記の取扱いをしたいと思っているようですが、
 論理的には、以下の考え方もあることがわかりました。

 商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降では、
 商標法第4条1項6号の拡大解釈することを説明していますが、
 商標法第4条2項は商標審査基準に掲載されていないので、
 商標法第4条1項6号を審査運用上拡大解釈するだけでは、
 商標法第4条1項6号を引用する4条2項が自動的に拡大解釈されることは
 ないともいえます(そこまでいくと法改正なく内容を変えるに等しいので)。

 すると、
 商標法第4条1項6号は拡大解釈され、
 商標法第4条2項は拡大解釈されずに条文通りに4条1項6号を引用する
 ことになり、
 2つの条文に関係する同じ条項の範囲を違えて審査運用されることになります。

 そうなると、論理的には、
 IOCの出願『五輪』が商標法第4条1項6号の審査運用で拒絶されてしまう
 という少々驚かざるを得ない状況になりうるということです。

 『五輪』が危ない(8)(9)では、以上を詳細に考察しています。 

 リンク先を以下にリストにしました。

『五輪』が危ない(9):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(U)
『五輪』が危ない(8):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(T)
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月15日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(7)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事1本
 (『五輪』が危ない(7))を掲載しました。

 商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降の
 商標法第4条1項6号の拡大解釈によって、
 『五輪』が商標法第4条1項6号の対象標章になっており、その結果、 
 商標法第4条2項が自動的に拡大解釈されてしまうことになります。

 そのことがIOCの出願商標『五輪』の審査にどう影響しうるか
 を考察しています。

 リンク先を以下にリストにしました。
 
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年07月21日

『五輪』が危ない(特許庁はどう考えるか)

 2018年7月5日付の、
 「YAHOO!JAPANニュース」(以下「ヤフーニュース」)で、
 経済欄のトップニュースに、主要欄でも第5位あたりにランクされたので、
 御覧になった方も多くいらっしゃると思いますが、
 北海道新聞が、IOCによる『五輪』の商標登録出願について報道をし、
 私のコメントも最後の3行に載りました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010000-doshin-spo https://www.hokkaido-np.co.jp/article/205886
 この記事について、こちらのブログに、その後の私のコメントをアップしましたので、
 暑苦しい毎日ですが、時間を潰していってください↓
http://patent-japan-article.sblo.jp/article/183959233.html
posted by Dausuke SHIBA at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月27日

『五輪』が危ない(英訳版)

 先のブログ記事が、IOC向けの記事だったので、
 私の事務所の英語顧問に翻訳を頼んだら、
 面白がってくれて、原文のやや下品な表現を上品に翻訳したうえで、
 絶妙にユーモアのある英文記事にしてくれました。
http://patent-japan-article.sblo.jp/article/183335052.html

 IOCの関係者が読んでくれれば。

 

 
posted by Dausuke SHIBA at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ