2018年08月26日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(10)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事1本(『五輪』が危ない(10))
 を掲載しました。

 前回までで、出願商標『五輪』は、
 商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈によって、 
 特許庁の審査で以下の取扱いがなされうることを説明しました。

A.商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈が妥当である場合
(ケース1)『五輪』が商標法4条1項6号の「表示する標章」に含まれ、
  何人による出願商標『五輪』も登録されないことになるが、
  商標法4条2項も自動的に拡大解釈され、
  IOCは商標法4条1項6号の例外規定たる商標法4条2項が適用され、
  IOCの出願商標『五輪』には、商標法4条1項6号は適用されない。
(ケース2)『五輪』が商標法4条1項6号の「表示する標章」に含まれ、
  何人による出願商標『五輪』も登録されないことになるが、
  商標法4条2項は自動的に拡大解釈されず、 
  IOCの出願商標『五輪』には、商標法4条1項6号の例外規定たる
  商標法4条2項が適用されず、商標法4条1項6号により拒絶される。

B.商標法4条1項6号の特許庁による拡大解釈が不当である場合
  商標法4条1項6号の立法趣旨(権威尊重・国際信義上)の観点から、
  商標法4条1項6号の「表示する標章」に『五輪』を含めることは不当で、
  IOCの出願商標『五輪』には、
  商標法4条1項6号も商標法4条2項も適用されない。。

C.A(ケース1)及びBの場合

  IOCの出願商標『五輪』は、
  新聞記者の創作後80年間にわたり我国大衆が自由使用できるという
  商標使用秩序が形成されている状況下で、、
  商標法4条1項7号(公序良俗違反)が適用され拒絶される。

******

 今回は、特許庁が、
 産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会商標審査基準
 ワーキンググループによる検討を通じて、
 上記の商標法第4条1項6号を拡大解釈するに至った経緯について、
 考えてみたいと思います。

 リンク先を以下にリストにしました。
『五輪』が危ない(10):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈の検討経緯
『五輪』が危ない(9):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(U)
『五輪』が危ない(8):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(T)
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月18日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(8)(9)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事2本
 (『五輪』が危ない(8)(9))を掲載しました。

 前回、
 「商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降の
  商標法第4条1項6号の拡大解釈によって、
  『五輪』が商標法第4条1項6号の対象標章になっており、その結果、 
  商標法第4条2項が自動的に拡大解釈されてしまうことになります。」

 と説明しましたが、今回、改めて考えてみると、
 特許庁は上記の取扱いをしたいと思っているようですが、
 論理的には、以下の考え方もあることがわかりました。

 商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降では、
 商標法第4条1項6号の拡大解釈することを説明していますが、
 商標法第4条2項は商標審査基準に掲載されていないので、
 商標法第4条1項6号を審査運用上拡大解釈するだけでは、
 商標法第4条1項6号を引用する4条2項が自動的に拡大解釈されることは
 ないともいえます(そこまでいくと法改正なく内容を変えるに等しいので)。

 すると、
 商標法第4条1項6号は拡大解釈され、
 商標法第4条2項は拡大解釈されずに条文通りに4条1項6号を引用する
 ことになり、
 2つの条文に関係する同じ条項の範囲を違えて審査運用されることになります。

 そうなると、論理的には、
 IOCの出願『五輪』が商標法第4条1項6号の審査運用で拒絶されてしまう
 という少々驚かざるを得ない状況になりうるということです。

 『五輪』が危ない(8)(9)では、以上を詳細に考察しています。 

 リンク先を以下にリストにしました。

『五輪』が危ない(9):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(U)
『五輪』が危ない(8):特許庁による商標法第4条1項6号の拡大解釈は何かの間違いか(T)
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月15日

知財テーマブログの最新記事:『五輪』が危ない(7)

 私の知財テーマブログに、五輪関係の最新記事1本
 (『五輪』が危ない(7))を掲載しました。

 商標審査基準第12版(平成28年4月1日)以降の
 商標法第4条1項6号の拡大解釈によって、
 『五輪』が商標法第4条1項6号の対象標章になっており、その結果、 
 商標法第4条2項が自動的に拡大解釈されてしまうことになります。

 そのことがIOCの出願商標『五輪』の審査にどう影響しうるか
 を考察しています。

 リンク先を以下にリストにしました。
 
『五輪』が危ない(7):特許庁による商標法第4条1項6号の根拠なき拡大解釈
『五輪』が危ない(6):IOCはどう考えるべきか
『五輪』が危ない(5):『五輪』は『オリンピック』に類似するか?
『五輪』が危ない(4):特許庁はどう考えるか(U)
『五輪』が危ない(3):特許庁はどう考えるか(T)
『五輪』が危ない(2):用語の解説
『五輪』が危ない(1)
Crisis of ‘五輪’('go-rin)
東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)
2020年東京オリンピックの開催都市契約を読んでみた
北海道新聞に掲載されたオリンピックの知財管理に関する私のコメント
オリンピック憲章の翻訳文は早急に見直すべきではないか
posted by Dausuke SHIBA at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年07月21日

『五輪』が危ない(特許庁はどう考えるか)

 2018年7月5日付の、
 「YAHOO!JAPANニュース」(以下「ヤフーニュース」)で、
 経済欄のトップニュースに、主要欄でも第5位あたりにランクされたので、
 御覧になった方も多くいらっしゃると思いますが、
 北海道新聞が、IOCによる『五輪』の商標登録出願について報道をし、
 私のコメントも最後の3行に載りました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010000-doshin-spo https://www.hokkaido-np.co.jp/article/205886
 この記事について、こちらのブログに、その後の私のコメントをアップしましたので、
 暑苦しい毎日ですが、時間を潰していってください↓
http://patent-japan-article.sblo.jp/article/183959233.html
posted by Dausuke SHIBA at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月27日

『五輪』が危ない(英訳版)

 先のブログ記事が、IOC向けの記事だったので、
 私の事務所の英語顧問に翻訳を頼んだら、
 面白がってくれて、原文のやや下品な表現を上品に翻訳したうえで、
 絶妙にユーモアのある英文記事にしてくれました。
http://patent-japan-article.sblo.jp/article/183335052.html

 IOCの関係者が読んでくれれば。

 

 
posted by Dausuke SHIBA at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月20日

『五輪』が危ない(用語の解説)

 先のブログで、
 IOCが日本語『五輪』を商標登録出願をして商標権を取得し、
 IOCの自称アンブッシュマーケティング防止の下に、
 第三者の自由にできた『五輪』の使用を制限することは、

 アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、
 『シュワちゃん』を商標登録出願をして商標権を取得し、
 ファンが自由にできた『シュワちゃん』の使用を制限する
 のと同じことで、

 商標制度上は出願商標は普通名称であり登録はされず、
 このような出願行為は徒に出願人のブランド価値を貶めるものだ、
 と解説しました。

 このような解説をした後であり、いい機会ですので、
 こちらのブログで、
 いくつか用語について独断に満ちた解説をしておきました。
posted by Dausuke SHIBA at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月19日

『五輪』が危ない

東京オリンピックのロゴ等の出願・登録一覧で予告しておりました、
IOCが『五輪』を商標登録出願をしていた件についてのコメントを
こちらのブログで出しましたのでご一読下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月13日

東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧(2018年5月)

 しばらくサボっていた表記の改訂版を、こちらのブログに掲載しましたので ご一読下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月04日

開催都市契約に関する論文の投稿完了のお知らせ

前のブログ記事で執筆を予告していた開催都市契約に関する論文ですが、
大幅に遅れて投稿することができました。

関連記事をこちらにアップしましたので、
http://patent-japan-article.sblo.jp/article/183152729.html
ご一読下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年02月11日

北海道新聞へのコメント掲載のお知らせ

2018年2月6日付け北海道新聞の記事
私のコメントが掲載されましたので、関連記事をこちらにアップしました。
http://patent-japan-article.sblo.jp/
posted by Dausuke SHIBA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年09月18日

私の事務所とご近所のご案内

 9月の3連休の最終日、台風一過の晴天となりました。

 夏以降忙しかったのですが、
 あまりにも長期間にわたり作業机の上を放置していたら、
 作業に差し障りがでそうになってきたので、一念発起して、
 長らくせねばならないと思っていたこともすることにしました。

 「柴特許事務所」は、今年(2017年)4月から、
 都営新宿線「曙橋駅」の近くの市谷薬王寺ビル3階に引っ越して
 新装開店しているのですが、
 ブログ本体でも、このミニブログでもほとんど案内をしておらず、
 私のブログ顧問から「何とかしろ」と尻を叩かれ続けていました。

 そこで、半年遅れですが、
 私の事務所とご近所をご案内申し上げることとなりました。

《最寄りの駅》

 以下の3つが最寄り駅です。

@都営大江戸線「新宿西口駅」から3駅目の「牛込柳町駅」
A都営新宿線「新宿駅」から2駅目の「曙橋」
B都営バス「新宿駅西口⇔練馬駅」の「薬王寺町

 都営バス「薬王寺町」で下車するとほぼ目の前に、
 「柴特許事務所」が入る「市谷薬王寺ビル」が見えますので、
 以下では、@及びAで降りた後の歩行経路をご案内します。

《「牛込柳町駅」から「柴特許事務所」に》

 「牛込柳町駅」は、今年(2017年)9月1日より、
 外苑東通り口の地下道が開通して、
 外苑東通り沿いに直接出ることができます。
GEDV0030-2.jpg

 外苑東通りは、
 早稲田から四谷三丁目を経由して六本木通りに繋がる幹線道路ですが、
 「牛込柳町駅」から外苑東通り沿いに四谷三丁目の方向に歩くと、
 10分足らずで「市谷薬王寺ビル」の前に到着します。

 この区間は道路拡張工事が続いており、昨年に用地買収が完全に終了して、
 急ピッチで仕上げの工事をしています。

 昨年までの状況を写真に記録されている几帳面な方がいらっしゃいますので
 参考までに → http://view.tokyo/?p=25470

 来年(2018年)には、電柱地中化、街路樹植栽、歩道の化粧タイル化がなされた、
 美しい通りになると思います。

 その外苑東通りを四谷三丁目に向けて歩くと、直ぐに、
 外苑東通り沿いに聳え立つ超高層高級マンションと、
 左隣りにこれも巨大な防衛省のレーダー鉄塔が見えてきます。
GEDV0031-2.jpg

 外苑東通り沿いのご近所には、
 新宿ならではの興味深いビルが見出されます。

 例えば、このビルは横幅がおそらく2mなくて、
 奥行方向にしか寝ることができません。
GEDV0032.JPG

 また、この3棟が隣接しているように見えるビルは、
 実際には、両サイドのビルは後ろのビルで繋がって「コの字」型になり、
 「コの字」の内側の狭い空間に真ん中のビルが建っている、
 という態様でした。
GEDV0059.JPG

 新宿の極限までの土地利用には驚かされます。

 超高層高級マンションを目安にその方向に10分弱歩くと、
 超高層高級マンションの外苑東通りを挟んだ対面に、
 こじんまりと可憐なクロームイエローの「市谷薬王寺ビル」が見えます。

 超高層高級マンション側↓
GEDV0033.JPG

 超高層高級マンションの麓の緑地公園↓
GEDV0034.JPG

 緑地公園から見た、こじんまりと可憐なクロームイエローの「市谷薬王寺ビル」↓
GEDV0035.JPG

 下から見上げるとこんな感じで、幅2m以上は優にあります。
GEDV0036.JPG

 「市谷薬王寺ビル」には、
 テラスの地階にヘアサロンが、1階に子供英会話教室が、
 3階に「柴特許事務所」が入っています。
GEDV0037.JPG

GEDV0028.JPG

 ビルの入り口奥のエレベーターで3階に上がると、
 「柴特許事務所」の入口に辿り着きます。
GEDV0100.JPG

《「曙橋駅」から「柴特許事務所」に》

 「曙橋駅」の場合は、
 地上に出るまでと、そこから更に外苑東通りにでるまで、
 階段と上り坂を歩くことになるので、足に自信のある方以外は、
 エレベーターが使えるA3「防衛省方面」出口を利用することをお奨めします。
GEDV0039.JPG

 A3出口前は靖国通り沿いですが、
 すぐ左に陸橋(これが「曙橋」)が交差しているのが見えます。
 この陸橋を走るのが外苑東通りです。
GEDV0040.JPG

 そこで、A3出口から外苑東通りまで上り坂を歩きますが、
 そこから聳え立つ防衛省のレーダー鉄塔を見ることができます。
GEDV0043.JPG

 こちらからは、防衛省の桜並木沿いを歩くことになります。
GEDV0044.JPG

 防衛省の薬王寺門です。
GEDV0047.JPG

 外苑東通り沿いに出て、四谷3丁目とは逆向きに歩くと、
 直ぐに、超高層高級マンションが見えますので、それを目安に5分弱歩くと、
 超高層高級マンションの外苑東通りを挟んだ対面に「市谷薬王寺ビル」が見えます。
GEDV0045.JPG

 私の事務所のご近所はこんな感じでありましたが、
 他にもいろいろと話題になるところがご近所であったりします。
GEDV0049.JPG

 ******

 @Aのどちらから行っても、外苑東通り沿いは緩やかな上り坂ですが
 (ということは「市谷薬王寺ビル」は丘の上にあることになります)、
 靖国通りから外苑東通りに出るまでの坂道を考慮しますと、
 足に自信のない方は@から、筋トレしたい方はAから行くとよいと思います。

《柴特許事務所にようこそ》

 「柴特許事務所」に入ると、まず、
 お客様とのミーティングスペースがあって、
 奥に、私の執務スペースがあります。
GEDV0053.JPG

 ミーティングスペースは、いつでも暖かいコーヒーを用意しており、
 暑い日は、冷たいお飲み物を用意させていただきます。
GEDV0054.JPG

 お客様は、席からベランダ越しに、借景ではありますが、
 超高層高級マンションの緑地を見ながらミーティングできるので、
 心が癒されるようになってます。
GEDV0057.JPG

 時間潰しのための多くの古本と地球儀もあります。
GEDV0027.JPG

 とうことで、喫茶店でくつろぐ雰囲気で、自由にざっくばらんに、
 お仕事と知的財産のことを語っていただけるようにしてみました。

 私は、執務スペースで、毎日、
 ベランダ越しに、DNP(大日本印刷社)本社の巨城を見ながら、
 書きものをしています。
GEDV0101.JPG

 天気の良い夕方は、DNP城に反射する夕日がとりわけ美しいです。
GEDV0102-2.jpg

 夜景もなかなかと思います。
GEDV0105.JPG

 テラス入口も、何故かライトアップされています。
GEDV0104.JPG

 私の事務所とご近所はこのような雰囲気ですが、
 よろず相談承りますので、
 お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
posted by Dausuke SHIBA at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年07月22日

「弁理士の業務の実体等に関する調査研究」アンケートが来ましたが・・・

 特許の無名塾のミニブログをもう1つつくり、
 本業関係の考察をするようにしました↓
http://patent-japan-article.sblo.jp/

 7/20に届いたアンケート調査を見て、一瞬「?!」となったので、
 そのことについて書きとめておきました。






posted by Dausuke SHIBA at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年07月25日

『特許の無名塾』本体ブログ(Articles)が更新されてます(2016年7月12〜24日)

●「2020年東京オリンピック関連の出願・登録商標一覧」を最新版に更新しました。
 旧版は佐野エンブレム騒動が過ぎ去り若干しらけきった雰囲気の段階でしたが、
 最新版は、
 その後決まった野老(ところ)エンブレムの商標登録出願が公開され、
 佐野エンブレムも取下げられることなく出願状態が維持され、
 話題の某出願人によるお騒がせ出願が特許庁とバトルを繰り広げているという、
 なかなか興味深い状況を反映しています。

●「東京オリンピックのロゴ・マーク等の知財管理」は、
 筆者の怠慢で、連載の更新が止まっていましたが、怒涛の3連打です。
 各回の内容だけ簡潔に紹介します。

 その1:組織委員会のとった行動が話題となった
     「おでんエンブレム事件」と「応援エンブレム事件」の紹介です。
 その2:組織委員会とはどのような組織かの紹介です。
 その3:招致委員会とはどのような組織かの紹介です。
 その4:招致委員会が、東京オリンピックを招致した際に、
     知財関連で、IOCから何を要請をされ、どう回答したかの解説です。
 その5:組織委員会の東京オリンピック等の知財管理の考え方に関する解説です。

 ここまで連載を続けてきましたが、
 どうも組織委員会及びJOCとは何なのかがよく理解できなくなってきました。
 そこで、次回は、オリンピック憲章に遡って、
 IOC、JOC及び組織委員会の関係を整理しようと思っています。

●論文Box掲載の論文「公益性の観点からみた東京オリンピックのロゴ等の知財管理
 も気が向きましたらご一読下さい。
 少し内容が専門的ですが、連載と併せて読まれるとより興味深いと思います。
 
posted by Dausuke SHIBA at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年07月12日

『特許の無名塾』本体ブログ(Articles)が更新されてます(2016年7月10日)

 東京オリンピックのロゴ・マーク等の知財管理の話の第2回ですが、組織委員会のホームページがときどき大きく更新されていて、半年前のセミナー情報が内容に齟齬を生じてしまったので、最新の情報にあわせて新たに資料を作成しています。

 今回の更新からPDFでダウンロードできるようにしていますのでご利用下さい。

 また、パテント誌2016年6月号に、東京オリンピックのロゴ・マーク等の知財管理の論文も掲載されましたので、併せてアップしました(ブログ連載よりも専門的ですが、ブログ記事にない情報も入っています)。

 こちらもPDFでダウンロードできるようにしていますのでご利用下さい。
 
posted by Dausuke SHIBA at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ